I LOVE うめぼし

走ったり、泳いだり、たまに踊ったり、走るために食べたり、走るのさぼって飲んだりする感じで!
<< 1Q84 | TOP | よみおわりー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - |
Haruki Murakami is (almost) God
評価:
村上春樹
新潮社
¥ 1,890
(2009-05-29)
コメント:7年ぶりの長編。敬意を込めて走ります。



ヤナーチェックのシンフォニェッタを聴きながら1Q84を読んでいます。
まだ最後まで読んでいないし、これから読む人もいると思うので内容は書きません。
が、もう、ほんとに、この人の物語力にびっくりします。

わたし、映画とか旅行とか本とか音楽とかに影響を受けて、
変な夢を見て、さらにそれが夢なのか現実なのか分からなくなるという
素敵な体質です。
1Q84読み始めてから、自分が寝れているのか、寝れてないのか良く分かりません。

村上春樹さんという人は、朝きちんと起きて昼間に執筆活動をし、
夜は10時には寝てしまう(そして毎日きちんとランニングをする)。
ということで有名ですが、この物語を昼間に書くってどういうことでしょう。
”夜でないと書けないような狂気なら、そんなものはたいした狂気ではない”
(不健康でないと書けない狂気だったかな?)
というようなことを本人が語っていたと記憶しています。

この物語はいろんなものをえぐっています。
これだけのものを文章にするエネルギーは相当なものだろうな。
長編は、フルマラソンに似ているってそういえば言ってましたね。痛そう。

いま、下を三分の一ほど読んだところです。
本当はゆっくり読みたいのに、早く本を読んでしまう癖がくやまれます。
やれやれ。

読み終わったら、ジェイムス・ジョイスのダブリナーズを読もうと思っています。
(これは自分へのリマインド)



JUGEMテーマ:読書
12:31 | 走った | comments(0) | trackbacks(1)| - |
スポンサーサイト
12:31 | - | - | -| - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://iloveumeboshi.jugem.jp/trackback/73
トラックバック
2009/06/01 6:11 PM
1Q84(その後) 1Q84(1) 1Q84(2) 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫) 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉 (新潮文庫) ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮 ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮
ジャーン!最新情報